現在モバイル分野は新サイト「Best-SIM」に移行中です!

【競馬】皐月賞トライアルスプリングS、過去10年を分析+予想!

競馬が好き!

東京優駿(日本ダービー)との関連性については

この記事をご覧ください。

皐月賞トライアルですが、近年はダービーに絡むのは2・3着馬が多いです。

ここを勝ってダービー馬になったのは3冠馬オルフェーヴルのみ。

最近の勝馬は古馬になってマイル・中距離で活躍する馬が目立ちます。

では、10年間のレースから振り返ります。

弥生賞10年の振り返り

2020年 良馬場 勝ちタイム 1:49:8

馬名前走皐月賞ダービー
1着ガロアクリークキンシャサノキセキ水仙賞
4着
3着6着
2着ヴェルトライゼンデドリームジャーニーホープフルS
2着
8着3着
3着サクセッションキングカメハメハジュニアC
1着
不出走不出走

近10年で最も遅いタイムだった昨年はヴェルトライゼンデがダービー3着になりました

2019年 良馬場 勝ちタイム 1:47:8

馬名前走皐月賞ダービー
1着エメラルファイトクロフネ白梅賞
1着
不出走12着
2着ファンタジストロードカナロア朝日FS
4着
13着不出走
3着ディキシーナイトダイワメジャークロッカスS
1着
不出走不出走

最速タイムタイで決着した本レースの3着以内に入った馬はクラッシクで活躍できず。

しかしロジャーバローズがここで7着に負けたのち京都新聞杯からダービー馬になりました。

2018年 良馬場 勝ちタイム 1:48:1

馬名前走皐月賞ダービー
1着ステルヴィオロードカナロア朝日FS
2着
4着8着
2着エポカドーロオルフェーヴルあすなろ賞
1着
1着2着
3着マイネルファンロンオルフェーヴルフリージア賞
2着
13着不出走

この年勝ったステルヴイオは秋にマイルチャンピオンシップを制覇。

2着のエポカドーロが皐月賞を勝ち、ダービーも僅差の2着でした。

2017年 良馬場 勝ちタイム 1:48:4

馬名前走皐月賞ダービー
1着ウインブライトスティゴールド若竹賞
1着
8着15着
2着アウトライアーズヴィクトワールピサひいらぎ賞
1着
12着不出走
3着プラチナヴォイスエンパイアメーカーきさらぎ賞
4着
10着不出走

この年勝ったウインブライトは古馬になって香港でG1勝利。

しかしこのレースを走った馬はほぼクラッシクには無縁でした。

2016年 良馬場 勝ちタイム 1:48:1

馬名前走皐月賞ダービー
1着マウントロブソンディープインパクトあすなろ賞
1着
6着7着
2着マイネルハニーマツリダゴッホひいらぎ賞
1着
不出走16着
3着ロードクエストマツリダゴッホホープフルS
2着
8着11着

この年ディープインパクト産駒のマウントロブソンが勝利。しかし、クラッシクでは好走まで。

3着ロードクエストはNHKマイルカップで2着になっています。

2015年 良馬場 勝ちタイム 1:49:1

馬名前走皐月賞ダービー
1着キタサンブラックブラックタイド3歳1勝クラス
1着
3着14着
2着リアルスティールディープインパクト共同通信杯
1着
2着4着
3着ダノンプラチナディープインパクト朝日杯FS
1着
11着不出走

勝馬キタサンブラックは皐月賞3着で菊花賞制覇。古馬になって大活躍。

2着馬もドバイでG1を勝っており、ダービー4着でした。

2014年 良馬場 勝ちタイム 1:48:4

馬名前走皐月賞ダービー
1着ロサギガンティアフジキセキ3歳1勝クラス
1着
10着不出走
2着アジアエクスプレスヘニーヒューズ朝日杯FS
1着
6着不出走
3着クラリティシチーキングカメハメハセントポーリア賞
2着
8着不出走

後のマイル王モーリスが4着。

全くクラッシクレースに関連がない年でした。

2013年 良馬場 勝ちタイム 1:47:8

馬名前走皐月賞ダービー
1着ロゴタイプローエングリン朝日杯FS
1着
1着5着
2着タマモベストプレイフジキセキきさらぎ賞
1着
5着8着
3着マイネルホウオウスズカフェニックスジュニアC
1着
不出走不出走
NHKマイルカップ
1着

1着ロゴタイプが皐月賞を勝ち、古馬になってモーリスを抑えて安田記念制覇。

3着馬はNHKマイルカップ制覇。

基本的にマイル~中距離適性が高い馬が上位に来たレースになります。

2012年 重馬場 勝ちタイム 1:50:7

馬名前走皐月賞ダービー
1着グランデッツァアグネスタキオンラジオNIKKEI杯
3着
5着10着
2着ディープブリランテディープインパクト共同通信杯
2着
3着1着
3着ロジメジャーダイワメジャーセントポーリア賞
2着
14着不出走

2着のディープブリランテが皐月賞3着をステップにダービー制覇。

ディープインパクト産駒初のダービー制覇となりました。

2011年 良馬場 勝ちタイム 1:46:4*阪神競馬場

馬名前走皐月賞ダービー
1着オルフェーヴルスティゴールドきさらぎ賞
3着
1着1着
2着ペルシャザールキングカメハメハ共同通信杯
4着
11着3着
3着ステラロッサハーツクライアルメリア賞
2着
10着不出走

東日本大震災の影響で阪神競馬場開催となったこのレースは3冠馬オルフェーヴルの初重賞制覇となり3冠馬への道がスタートしました。

2着ペルシャザールもダービーで3着に入りました。

過去10年から見える傾向

スティゴールド・フジキセキ系の好走が多い。

ディープインパクト産駒が連勝してる弥生賞と比べるとスティゴールドやフジキセキの子・孫が好走しています。

逆にキングカメハメハ系以外のミスタープロスペクター系はほとんど来ていません。

またロベルト系の馬やハーツクライ産駒の好走歴がありません。

また走破タイムが速いほど、マイルから中距離タイプの馬が好走するためクラッシクレースに繋がらない結果が多いです。

前走大敗しているような馬は好走できない。

重賞・1勝クラスの特別戦では4着以上。1勝クラスの一般戦は勝利した馬のみこのレースで連帯しています。

前走新馬・未勝利戦を勝ったばかりの馬や、大敗した馬の巻き返しはこの10年でありません。

今年の出走馬

枠番馬名前走
1ランドオブリバティディープインパクトきさらぎ賞
3着
2ワールドリバイバルエピファネイアあすなろ賞
1着
3ヴィゴーレキズナつばき賞
1着
4ヴェイルネビュラロードカナロアジュニアカップ
1着
5レインフロムヘヴンドゥラメンテフリージア賞
1着
6アサマノイタズラヴィクトワールピサ水仙賞4着
7ニシノオイカゼヒルノダムール2月新馬戦
1着
8オンザラインスクリーンヒーロー12月未勝利ダ―ト
1着
9ロードトゥフェイムマツリダゴッホ若竹賞
1着
10ボーデンハービンジャー1月未勝利
1着
11イルーシヴパンサーハーツクライフリージア賞
2着
12ビゾンテノブファロプリサイスエンド3月1勝クラス
4着
13アールバロンモーリス水仙賞3着
14ヴィクティファルスハーツクライ共同通信杯
2着
15セルジュトーセンラーフリージア賞
12着

傾向からのまとめと予想!

前走重賞・特別で5着以内、条件戦は勝利。未勝利・新馬戦は除外

消去馬・・・7,8,10,12,15

人気のボーデンがここで消えました。

ロベルト・ハーツクライ・ミスタープロスペクター系(キングカメハメハ系以外)を消去

消去馬・・・2,11,13,14

でもワールドリバイバルは相性の良いあすなろ賞勝馬なので抑えたいです(笑)。

残った馬は1,3,4,5,6,9。

いかにもスプリングS向きというのは4、9番ですのでこの2頭を軸に馬券を組み立てたいと思います。

11番と14番のハーツクライ産駒はここで負けてダービートライアルに向かったほうがいいかも!

コメント

タイトルとURLをコピーしました