現在モバイル分野は新サイト「Best-SIM」に移行中です!

【大河ドラマ】麒麟がくる視聴率推移・グラフ<本能寺の変>

my気になる

2020年の大河ドラマは長谷川博己さん主演で明智光秀が主人公の「麒麟がくる」でした。

脚本は池端俊作さん。

池端俊作さん作品の大河ドラマと言えば真田広之さん主演で足利尊氏主人公の「太平記」があります。

麒麟がくるは放送前から信長の妻帰蝶役の女優沢尻エリカさんが麻薬取締法違反で逮捕され、川口春奈に変更されるなどの影響を受け放送開始が2週間延期。

当初から東京オリンピック2020(2021年に延期)もあり当初から通常より少ない44回の放送で製作されることになっていましたが、コロナ禍により撮影ができない状況にもなり、6月7日(第21回)放送後休止。

8月30日(第22回)から再開され大河ドラマ史上越年し2月7日終了と1年以上をかけて放送された作品になりました。

放送は終了し現在はU-NEXTで配信されています。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

麒麟がくる視聴率推移・グラフ

放送話放送日放送タイトル地上波視聴率
第1回2020年1月19日光秀、西へ19.10%
第2回1月26日道三の罠17.90%
第3回2月2日美濃の国16.10%
第4回2月9日尾張潜入指令13.50%
第5回2月16日伊平次を探せ13.20%
第6回2月23日三好長慶襲撃計画13.80%
第7回3月1日帰蝶の願い15.00%
第8回3月8日同盟のゆくえ13.70%
第9回3月15日信長の失敗15.00%
第10回3月22日ひとりぼっちの若君16.50%
第11回3月29日将軍の涙14.30%
第12回4月5日十兵衛の嫁14.60%
第13回4月12日帰蝶のはかりごと15.70%
第14回4月19日聖徳寺の会見15.40%
第15回4月26日道三、わが父に非ず14.90%
第16回5月3日大きな国16.20%
第17回5月10日長良川の対決14.90%
第18回5月17日越前へ15.10%
第19回5月24日信長を暗殺せよ15.70%
第20回5月31日家康への文15.30%
第21回6月7日決戦! 桶狭間16.30%
放送休止
第22回8月30日京よりの使者14.60%
第23回9月13日義輝、夏の終わりに13.40%
第24回9月20日将軍の器13.10%
第25回9月27日羽運ぶ蟻12.90%
第26回10月4日三淵の奸計13.00%
第27回10月11日宗久の約束13.00%
第28回10月18日新しき幕府12.50%
第29回10月25日摂津晴門の計略13.20%
第30回11月1日朝倉義景を討て11.90%
第31回11月8日逃げよ信長13.80%
第32回11月15日反撃の二百挺13.30%
第33回11月22日比叡山に棲む魔物13.10%
第34回11月29日焼討ちの代償13.60%
第35回12月6日義昭、まよいの中で12.70%
第36回12月13日訣別12.30%
第37回12月20日信長公と蘭奢待12.20%
第38回12月27日丹波攻略命令11.50%
第39回2021年1月3日本願寺を叩け11.40%
第40回1月10日松永久秀の平蜘蛛13.6%
第41回1月17日月にのぼる者13.40%
第42回1月24日離れゆく心13.80%
第43回1月31日闇に光る樹13.90%
最終回2月7日本能寺の変18.40%

放送休止の影響をうけ9月以降視聴率は低下しまし、年明け放送は最低を記録しましたがそこから盛り返し、最終回では18.4%と初回に続く視聴率を記録。

また、先行放送されるBSでの放送も好調で評判は良かったと言えるでしょう。

まとめ

キャストの不祥事だけでなく、コロナ禍という状況の中善戦した「麒麟がくる」。

青天を衝けは時代は違いますが、麒麟がくるの好調を引き継いでいけるの注目ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました