現在モバイル分野は新サイト「Best-SIM」に移行中です!

【競馬】宝塚記念の歴史(歴代勝馬)

競馬が好き!

春のグランプリと言われる宝塚記念。

阪神競馬場の所在地の地名を冠し、古馬・3歳馬が出走できるGⅠレースとなります。

近年、実力馬が回避することも増えてきましたが逆に凱旋門賞に挑戦する馬が日本での最後のレースに選ばれることも多いです。

宝塚記念の歴史

創設

1956年に創設された12月に中山競馬場で行われるグランプリ「有馬記念」の関西版として、阪神競馬場新スタンドが開設された1960年に創設されました。

施行条件

距離

第1回は阪神競馬場芝1800メートルにて開催。2回目から芝2000メートルに変更後、京都競馬場で行われた第7回が2200メートルで行われて以来この距離で行われています。

※中京競馬場で行われた第21回(勝馬;テルテンリュウ)は芝2400メートルで実施されています。

出走条件

ファン投票が行われるのは昔から変わらず(ファン投票上位10頭)。

当初は現在と同じ6月末から7月上旬の春競馬の最後として行われており3歳以上が出走条件。

しかし1968年第9回から開催が1か月前倒しになり4歳以上の古馬限定戦に、1987年からは元の3歳以上に条件が戻っています。

現在の6月下旬開催に固定されたのは2000年からです。

優先出走権

  • 登録を行った馬の中でファン投票上位10頭
  • 地方所属馬
  • 外国馬(8頭まで)

が優先的に出走できます。

それ以外は中央・地方馬ともに「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できます。

優勝賞金

1着1億5000万円と春のグランプリの何ふさわしい高額賞金です。

また、大阪杯・天皇賞春・宝塚記念を同一年に制すると報奨金が支払われます。

歴代ファン投票1位馬の成績

回数開催年馬名性齢着順
第1回1960年コダマ牡3不出走
第2回1961年シーザー牡41着
第3回1962年コダマ牡51着
第4回1963年リユウフオーレル牡41着
第5回1964年リユウフオーレル牡53着
第6回1965年シンザン牡41着
第7回1966年キーストン牡4不出走
第8回1967年ニホンピローエース牡4不出走
第9回1968年リュウファーロス牡5不出走
第10回1969年アサカオー牡4不出走
第11回1970年リキエイカン牡45着
第12回1971年ダテテンリュウ牡4不出走
第13回1972年アカネテンリュウ牡6不出走
第14回1973年タイテエム牡42着
第15回1974年タケホープ牡4不出走
第16回1975年キタノカチドキ牡4不出走
第17回1976年ロングホーク牡42着
第18回1977年テンポイント牡42着
第19回1978年グリーングラス牡52着
第20回1979年サクラショウリ牡41着
第21回1980年シービークロス牡5不出走
第22回1981年カツラノハイセイコ牡52着
第23回1982年モンテプリンス牡51着
第24回1983年アンバーシャダイ牡6不出走
第25回1984年ミスターシービー牡4不出走
第26回1985年シンボリルドルフ牡4取消
第27回1986年スダホーク牡45着
第28回1987年ミホシンザン牡5不出走
第29回1988年タマモクロス牡41着
第30回1989年ヤエノムテキ牡47着
第31回1990年オグリキャップ牡52着
第32回1991年メジロマックイーン牡42着
第33回1992年メジロマックイーン牡5不出走
第34回1993年メジロマックイーン牡61着
第35回1994年ビワハヤヒデ牡41着
第36回1995年ライスシャワー牡6競走中止
第37回1996年ナリタブライアン牡5不出走
第38回1997年マーベラスサンデー牡51着
第39回1998年エアグルーヴ牝53着
第40回1999年スペシャルウィーク牡42着
第41回2000年テイエムオペラオー牡41着
第42回2001年テイエムオペラオー牡52着
第43回2002年ジャングルポケット牡4不出走
第44回2003年シンボリクリスエス牡45着
第45回2004年リンカーン牡43着
第46回2005年ゼンノロブロイ牡53着
第47回2006年ディープインパクト牡41着
第48回2007年メイショウサムソン牡42着
第49回2008年ウオッカ牝4不出走
第50回2009年ウオッカ牝5不出走
第51回2010年ブエナビスタ牝42着
第52回2011年ブエナビスタ牝52着
第53回2012年オルフェーヴル牡41着
第54回2013年オルフェーヴル牡5不出走
第55回2014年ゴールドシップ牡51着
第56回2015年ゴールドシップ牡615着
第57回2016年キタサンブラック牡43着
第58回2017年キタサンブラック牡59着
第59回2018年サトノダイヤモンド牡56着
第60回2019年アーモンドアイ牝4不出走
第61回2020年アーモンドアイ牝5不出走
第62回2021年クロノジェネシス牝5

ファン投票1位はさすがに名馬揃いですが、勝ったのは2014年ゴールドシップまでさかのぼります。

歴代勝馬

回数施行日競馬場距離優勝馬性齢タイム
第1回1960年6月26日阪神1800mホマレーヒロ牡401:49.6
第2回1961年7月2日阪神2000mシーザー牡402:04.6
第3回1962年7月1日阪神2000mコダマ牡502:03.4
第4回1963年6月30日阪神2000mリユウフオーレル牡402:02.1
第5回1964年7月5日阪神2000mヒカルポーラ牡502:03.3
第6回1965年6月27日阪神2000mシンザン牡402:06.3
第7回1966年6月26日京都2200mエイトクラウン牝402:15.0
第8回1967年7月2日阪神2200mタイヨウ牡402:19.4
第9回1968年5月26日阪神2200mヒカルタカイ牡402:14.7
第10回1969年6月1日京都2200mダテホーライ牡402:16.1
第11回1970年5月31日阪神2200mスピードシンボリ牡702:13.3
第12回1971年5月30日阪神2200mメジロムサシ牡402:17.3
第13回1972年6月4日阪神2200mショウフウミドリ牡602:19.9
第14回1973年6月3日阪神2200mハマノパレード牡402:12.7
第15回1974年6月2日京都2200mハイセイコー牡402:12.9
第16回1975年6月1日阪神2200mナオキ牡602:16.7
第17回1976年6月6日京都2200mフジノパーシア牡502:17.5
第18回1977年6月5日阪神2200mトウショウボーイ牡402:13.0
第19回1978年6月4日阪神2200mエリモジョージ牡602:14.2
第20回1979年6月3日阪神2200mサクラショウリ牡402:12.4
第21回1980年6月1日中京2400mテルテンリュウ牡402:31.9
第22回1981年6月7日阪神2200mカツアール牡502:14.1
第23回1982年6月6日阪神2200mモンテプリンス牡502:12.6
第24回1983年6月5日阪神2200mハギノカムイオー牡402:12.1
第25回1984年6月3日阪神2200mカツラギエース牡402:12.4
第26回1985年6月2日阪神2200mスズカコバン牡502:15.9
第27回1986年6月1日阪神2200mパーシャンボーイ牡402:14.4
第28回1987年6月14日阪神2200mスズパレード牡602:12.3
第29回1988年6月12日阪神2200mタマモクロス牡402:13.2
第30回1989年6月11日阪神2200mイナリワン牡502:14.0
第31回1990年6月10日阪神2200mオサイチジョージ牡402:14.0
第32回1991年6月9日京都2200mメジロライアン牡402:13.6
第33回1992年6月14日阪神2200mメジロパーマー牡502:18.6
第34回1993年6月13日阪神2200mメジロマックイーン牡602:17.7
第35回1994年6月12日阪神2200mビワハヤヒデ牡402:11.2
第36回1995年6月4日京都2200mダンツシアトル牡502:10.2
第37回1996年7月7日阪神2200mマヤノトップガン牡402:12.0
第38回1997年7月6日阪神2200mマーベラスサンデー牡502:11.9
第39回1998年7月12日阪神2200mサイレンススズカ牡402:11.9
第40回1999年7月11日阪神2200mグラスワンダー牡402:12.1
第41回2000年6月25日阪神2200mテイエムオペラオー牡402:13.8
第42回2001年6月24日阪神2200mメイショウドトウ牡502:11.7
第43回2002年6月23日阪神2200mダンツフレーム牡402:12.9
第44回2003年6月29日阪神2200mヒシミラクル牡402:12.0
第45回2004年6月27日阪神2200mタップダンスシチー牡702:11.1
第46回2005年6月26日阪神2200mスイープトウショウ牝402:11.5
第47回2006年6月25日京都2200mディープインパクト牡402:13.0
第48回2007年6月24日阪神2200mアドマイヤムーン牡402:12.4
第49回2008年6月29日阪神2200mエイシンデピュティ牡602:15.3
第50回2009年6月28日阪神2200mドリームジャーニー牡502:11.3
第51回2010年6月27日阪神2200mナカヤマフェスタ牡402:13.0
第52回2011年6月26日阪神2200mアーネストリー牡602:10.1
第53回2012年6月24日阪神2200mオルフェーヴル牡402:10.9
第54回2013年6月23日阪神2200mゴールドシップ牡402:13.2
第55回2014年6月29日阪神2200mゴールドシップ牡502:13.9
第56回2015年6月28日阪神2200mラブリーデイ牡502:14.4
第57回2016年6月26日阪神2200mマリアライト牝502:12.8
第58回2017年6月25日阪神2200mサトノクラウン牡502:11.4
第59回2018年6月24日阪神2200mミッキーロケット牡502:11.6
第60回2019年6月23日阪神2200mリスグラシュー牝502:10.8
第61回2020年6月28日阪神2200mクロノジェネシス牝402:13.5

レコードはアーネストリーの2:10:1。勝馬の傾向としては

  • GⅠで惜しいレースを続けている馬
  • 有馬記念で好走している馬

という傾向が顕著です。

まとめ

このレースを勝利したオルフェーブルやナカヤマフェスタは凱旋門賞で2着に好走。

比較的梅雨時期で馬場が悪化しやすく力のいる馬場となることが多いので、欧州向きの馬が好走することが多いです。

凱旋門賞へ出走する予定の日本馬がどのようなレースをするかに注目が集まるレースです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました