現在モバイル分野は新サイト「Best-SIM」に移行中です!

【モバイル】ahamoは本当にお得なのか?+楽天モバイルとの比較(2021/3/1更新)

お金が好き!

ahamo(アハモ)とは

NTTドコモが2021年3月26日から開始する料金プランです。

料金

月額3278円です

(3/1更新)月額2970円に値下げになりました。3000円以内という事になります。

通話料金

1回5分間までは無料です。しかし、これを超過した場合は30秒22円がかかります。

データ通信に関して

データ容量は20GB。ただし、超過しても1Mbpsで利用できます。これまでは超過すると128kでした。簡単に言うと、超過しても動画は厳しいですがインターネットを見るくらいはできると考えてください。

20GBを超えて容量を追加した場合は1GBあたり550円の費用がかかります。

家族割について

家族割などはありません。しかし、家族が加入しているドコモ回線のファミリー割引などのカウントには対象になります。

ドコモ利用期間について

ドコモ利用時からの契約期間は引継ぎになります。

NTTドコモの旧料金プランとの違い

受付はオンラインのみ

受付はオンラインでの受付になります。ドコモショップなど店頭での受付はありません。*ただし、ドコモは記者会見でドコモショップで来店された方を、ahamoだからできないということはないと会見で発言しています。

契約は20歳以上

上記の記事でもあるようにドコモは12歳中学生以上なら自分名義で契約できます。しかし、ahamoは20歳なので高校卒業してすぐは契約できません。

留守番電話サービスが使えない

留守番電話サービスが使えないと発表されています。機種によっては伝言メモなどで使えるスマートフォンもありますがiPhoneなどでは使えないの影響がある人もいるでしょう。

対応機種(2021/3/1追加)

iPhoneに関しては下記の「iPhone」が使えるかという項目をご覧ください。

androidは72機種対応と発表されました。

GalaxyやXperia、arrows等の昔からドコモで販売されているブランド・メーカーの製品は対応機種として挙がっています。

また、ahamo公式サイトでは「Xperia 1 II SO-51A(税込71500円~)」と「Galaxy S20 5G SC-51A(税込62700円~)」が販売される予定です。

逆に言えば、現在販売数を伸ばしている「OPPO」や「Redmi」などは対応機種として発表されていません。

その他(2021/3/1追加事項)

ケータイ補償サービス対応

月額825円(Applecare +for iPhoneは770円)<料金は税込>

エントリー時のポイントの変更

現在先行エントリー時に3000ポイントプレゼントをしていますが、3月25日までに先行エントリーを行い4/15~5/31までの間におすすめ機種などを購入するなどの追加条件を満たせば6000ポイントへの増額が発表されました

dカード・dゴールドカード会員への特典

  1. 9月からになりますがデータ容量がdカード会員には1G追加、dゴールドカード会員には5G追加という特典がつく
  2. dカードGOLDについてはahamoと組み合わせることで、dカードGOLDの利用金額の10%のdポイントを(上限300ポイント)を付与すること

機種購入の抱き合わせ販売や、系列クレジットカードの契約促進等はドコモと変わらず行うようです。

楽天モバイルとの比較

料金の比較

楽天モバイルが4月から全ユーザーに適応する料金プラン、楽天UN-LIMITⅥの最大料金はahamoと同じ3276円です。

しかし、楽天モバイルは1GBまでは基本料金無料、1~3GBまでは1078円。3GB~20GBまでは2178円と20GB を使わなければ料金は安くなります

通話料金の比較

通話に関しては「RakutenLink」という通話アプリを使えば無料です。使わなければ30秒22円ですが、使わない理由がありません。

通信容量の比較

楽天エリア回線なら通信容量が無制限です。楽天エリア回線以外ではau基地局を利用するため5GBまでは高速通信、これを超えたら1Mbpsまで通信速度が制限されます。

家族割の比較

楽天モバイルには家族割がありません。

その他比較

  • 楽天モバイルは基本オンラインの受付ですが、全国にショップでの受付も可能です
  • 楽天モバイルの契約は未成年でもできます。
  • 楽天モバイルの留守番電話サービスは申し込みが必要ですが、基本料金0円で利用できます。

現在300万人まで1年間無料キャンペーン継続中です。2月中旬で250万人達成したとの報道がありましたのでもうすぐ終了する可能性があります。すでに300万契約を達成し4月7日に終了することが発表されました。

iPhoneが使えるかどうか

ahamo

正式には3月1日発表予定ですが、ドコモブランドのahamoはドコモと契約していたiPhoneかSIMフリー端末が使えるでしょう。

(2021/3/1に追記)

iPhone 6やiPhoneSE(初代)~最新のiPhone12Proまで対応機種として掲載されています。

ahamo公式サイトではiPhone11が49390円(税込)~の販売予定でです。この表示価格はahamoで契約・MNP契約をすることが条件です。

ちなみにappleストアで販売されているiPhoneは71280円(税込)ですので2万円以上ahamo契約で購入したほうが安いことになります。(ただし下取りサービスApple Trade INを利用すると最大22000円引きになります。アップルストアで販売されているiPhoneはシムフリー端末。)

下取りなく購入するならアップルストアで購入するより、ahamoで購入するほうがお得ですがahamoで販売される予定のPhoneがシムフリー端末かどうかはわかりません。

楽天モバイル

楽天モバイルではiPhoneを販売していませんので、SIMフリーiPhoneが使えます。

SIMフリーiPhoneとは、

  • アップルストアで販売されているもの
  • 各携帯会社と契約して購入した後、SIMロック解除をしたもの

中古スマホ販売等で売られている際にはしっかりと確認しましょう。

また、楽天モバイルはiOS 12.1 以降を搭載したiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降に発売された機種が対応しているeSIM対応業者です。<ahamoは現時点で導入予定>

まとめ

比較すると、ahamoより楽天モバイルの方が優れていることがわかります。また、ドコモに家族で契約していた人は家族全体で見たら料金が変わらない可能性もあります。

よってこのサイトでは楽天モバイルをお勧めしますが、条件として楽天モバイルエリア内に自宅・職場や生活圏があるかが重要です。

もしエリア内でしたら楽天モバイルを契約して、お得なスマートフォンライフを過ごしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました